子犬トレーニング タイニープードル ポム君②

子犬トレーニング

こんにちは〜!

大阪と兵庫のお家を中心にご自宅でのしつけトレーニングを行っている、ドッグトレーナー菊川です😉

 

今回お伺いした守口市の子犬ちゃんは、タイニープードルのポム君です。

子犬トレーニング タイニープードル ポム君②

伺った時はいつも尻尾ブンブンで歓迎してくれる人が大好きな男の子です。

 

そんなかわいいポム君の前回の様子はこちらからどうぞ〜

ポム君のトレーニング

 

今日のトレーニング

本日のラインナップはこちら!

 

  1. アイコンタクトの続き
  2. マテ
  3. フセ

 

この3本立てです。

2つ目のマテに関しては、子犬たちがあまり得意でない項目だという事が多いので、最速で動いていきたいと思います(笑)

 

アイコンタクトの続き

続きってなぁに?って思われるかもしれませんね。

前回のアイコンタクトはあくまでも序章です。

 

ここから目を見るという行為の精度を上げていきたいと思います!

まっすぐ目の前に持ってきていたおやつを顔の横にずらします。

目の前におやつがくるから、つい誘惑されちゃいますよね(笑)

でもちょっと待ったら迷いながらも目を見てくれましたよね。

 

考える時間を与えてあげたことによって変わる犬の行動…

それは学習スピードが加速することですね。

その証拠にこの動画!

1つ目の動画の僅か数回後です。

素晴らしい自発行動ですね~♪

 

誘惑となるおやつが顔に近ければ近いほど、犬にとって難しいものとなります。

これが出来るようになると、より精度の高いアイコンタクトの完成ですね★

 

マテ

お母さんやご家族と少しも離れたくないポム君。

少し自制心を養ってみましょう。

初めてのマテはほんの数秒からスタート。

安定して待ててますね。

 

では少しだけ距離をとってみることにします。

離れてもすぐにお母さんが戻ってくるから大丈夫だよ~、という事を体で覚えてもらいます。

 

普段生活しているリビングでも基本的には人から離れないポム君。

なので、マテの練習も部屋のあちこちでやってみました。

 

まずは先ほどの動画にあった、ソファーの前。

次はソファーからダイニングにかけて。

少し他より距離が長かったですが、ちょっとぴくっと体は反応しながらも頑張って我慢してくれましたね!

 

最後はみんなが出入りするリビングの扉の前。

ここが一番の難所のようです。

なぜなら、ここが開くと人がいなくなっていくから。

さぁ、どうかな?

えらいねー!

頑張った!!

 

マテのトレーニングは1か所だけでなく、様々な場所でぜひ練習してみて下さいね。

外での練習もおすすめですが、その時は必ずしっかり係留出来ていることを確認してからやってみてくださいね~。

 

フセ

最後は少し落ち着いてほしいというご依頼から、フセのトレーニングをします。

しかし先ほどまでのトレーニングで結構お疲れモードのポム君なので、ここはコンパクトに成功させて、次回に繋げることにします。

 

コンタクトにという事は、おやつは少しだけ大きめに持って誘導します。

すると失敗しにくいのでトレーニング時間も短めで終われますよね。

ポム君もしっかり成功してくれましたね。

 

体勢が定着してきたら、ハンドシグナル(手で出す合図)もちょっとずつ形を変えていきますね。

 

次回、復習頑張ってください★

Follow me!

愛犬の話を聞いて欲しい方必見

悩んでいることを誰かに聞いてほしくないですか?
本当に困っている事って意外とお友達や知り合いには言いにくい事もありますよね。

犬の悩みは同じ愛犬家であるドッグトレーナーに話すという手がありますよ★
少し気が楽になるかもしれません^_^

まずはカウンセリングでお伺いしますので、たくさんお話聞かせてください!